クリアネイルショットに使われている成分を徹底解析

クリアネイルショット

このページではクリアネイルショットにどのような成分が使われているか?各成分から安全性や有効性などを解説しています。

クリアネイルショットの主な成分

クリアネイルショットの成分には、竹酢液というものが使われており強い抗真菌作用があります。

また、成分の一つにBGというものがありますがBGはブチレングリコールの略で、肌への刺激が少ないが防腐と保湿作用がある優れた成分です。

カルボマーはジェルタイプの化粧品に頻繁に使用されていて、ポリマーの一種です。

ティーツリー葉油は常緑植物の一種で、そこから抽出されたオイルの事です。天然成分ながら強い抗真菌作用を持っていて、爪水虫の菌の治療に効果的なことから多くの水虫治療薬にも使われています。

スクワランは保湿作用があります。保湿作用というと逆に水虫を助長してしまうのでは?と思ってしまいますが、実はスクワランには強い浸透力があります。硬い爪の奥に有効成分を届くようにする事が出来ます。

アボカド油は、保湿作用と有効成分の爪への浸透を助ける効果があります。

水酸化カリウムは、代表的なpH調整剤です。フェノキシエタノールは、殺菌や防腐効果のある天然成分です。レプトスペルムムペテルソニイ油はレモンティーツリー油の事で、一般的にはティーツリー油よりも強い殺菌力を持っています。

トコフェロールはビタミンEの事で、酸化防止剤として使われています。肌荒れを予防したり、美肌効果も持っています。美肌サプリメントなどにも使われている口に入れても安心な成分です。

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用と抗アレルギー作用を持ちます。

塩化Naは塩化ナトリウムの事で、皮膚の引き締め効果やクリームの安定性を高める効果があります。

以上がクリアネイルショットに含まれる主な成分です。

まとめ:クリアネイルショットの成分は3つに分けられる

クリアネイルショットの成分は抗菌成分・浸透成分・肌を整える成分の大きく分けて3つに分けることができます。

中でもクリアネイルショットは他の製品と比べて抗菌と浸透の両方に力を入れているからこそ効果を実感できるのです。

クリアネイルショット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする